大阪富田林署49日逃亡犯 懸賞金200万円の支払い先と使い道

公開日: 更新日:

「日本一周旅行」を装い、49日間、自転車で逃走を続け、加重逃走や窃盗罪などに問われた樋田淳也被告(32)の初公判が13日、大阪地裁堺支部で開かれた。

 樋田被告は2018年8月12日夜、弁護士と接見後、富田林署の留置場のアクリル製の間仕切りを破壊し、脱走。自転車を盗み、野宿などをしながら香川県や愛媛県、山口県など転々とした。そして9月29日、山口県周南市の道の駅「ソレーネ周南」でパンやトンカツをポケットに入れたまま会計をせず、店内から出ようとしたところ、外部委託の女性警備員2人に呼び止められ、駆け付けた山口県警の捜査員に引き渡され、逃走劇は幕を閉じた。大阪府警は1カ月半の間、連日、約3000人の捜査員を動員し、24時間態勢で捜査にあたっていた。

 捜査が難航していた9月11日、府警OB有志は有力な目撃情報に対し、上限200万円の私的懸賞金制度(1年間)の運用を開始。だが、「万引犯」の逮捕だったことから、「有力情報」に該当しないのではという意見もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る