群馬赤城神社主婦失踪事件 誰も彼女の姿を目撃していない

公開日: 更新日:

 近年でも神隠しと呼ばれる事件がいくつもあるが、今回取り上げるのもそのひとつだ。1998年5月3日に起きた「赤城神社主婦失踪事件」である。

 赤城山は群馬県を代表する名山で、ゆるやかに広がる山裾が印象的。その中腹に事件の舞台となった三夜沢赤城神社(前橋市)がある。平安時代に創建され、古くから多くの人々に崇拝されてきた。

 千葉県に暮らしていた主婦の志塚法子さん(当時48歳)は、夫、義理の母、叔父、叔母、娘、孫の7人で神社を訪れた。ゴールデンウイーク中は神社へと続く参道にツツジが咲き誇り、多くの人で賑わうという。

 この日は雨模様だったこともあり、神社へは叔父と法子さんの夫だけが行くことになり、法子さんら5人は車の中で待機することになった。

 しばらくして、法子さんも「参拝に行く」と言いだし、賽銭代だけを手にして、2人の後を追うように神社の方へと向かった。すぐに、娘が子どもをあやすため車外に出ているが、その時は法子さんの姿を目撃している。彼女は参道へと向かわず、駐車場から神社へと続く林道の中でたたずんでいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る