ふるさと納税初の贈収賄 人口3000人奈半利町職員の裏切り

公開日: 更新日:

 人口約3000人の町の一職員が「ふるさと納税制度」を悪用し、やりたい放題していた。

 高知県奈半利町のふるさと納税を巡る事件で同県警捜査2課などは13日、地方創生課長の森岡克博(45)、同課長補佐の柏木雄太(41)、水産加工会社「通成水産」社長の松村通成(30)の3容疑者を贈収賄容疑で再逮捕した。ふるさと納税制度絡みの贈収賄事件の立件は全国初。県警は別件で3人を逮捕し、金銭のやりとりを調べていた。

 ふるさと納税の中心的役割を担っていた柏木容疑者は2015~19年ごろ、返礼品を紹介するポータルサイト「ふるさとチョイス」を操作し、通成水産と松村容疑者の親族が経営する水産加工会社の商品を目立つよう、長期間サイトの上位に掲載。また一部の商品のみを特定の時間にタイムセールに出した。

 その見返りとして、柏木容疑者の実父が、2社からキンメダイなど返礼品の梱包業務を1個当たり500円で請け負い、計約1300万円を受け取っていた。梱包の一般的な相場は1個20円だから、25倍にあたる。柏木容疑者は18年ごろにも、松村容疑者に指示し、上司である森岡容疑者の長男の銀行口座に梱包名目で計179万円を振り込ませた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る