「コロナうつるよ」で電車パニック…偽装感染男の迷惑千万

公開日: 更新日:

 JR両毛線の電車内で、コロナ感染者だとウソをつき、電車を停車させたとして、住所不定、自称土木作業員の小暮清容疑者(54)が16日、偽計業務妨害の疑いで群馬県警桐生署に逮捕された。

■車内でわめきちらし悪態

 缶チューハイを飲み、酒に酔っていた小暮容疑者は、6両編成の4号車にいた女性に「コロナにかかっている。うつるよ」と話したため、車内は大騒ぎに。午後4時35分ごろ、桐生駅で降りた女性が車掌に「あの人が、自分がコロナだと言っている」と伝え、警察に通報した。

 車掌が乗客の避難誘導を始めると、5号車に移っていた小暮容疑者は「なんで発車しねえんだ」と大声でわめき散らし、駆け付けた制服警官2人に「うるせえんだ、バカ野郎」と悪態をついた。

「初めてのケースですから署内では緊張が走りました。4人の警察官が防護服を着用し、現場に向かった。どうやって署まで連れてくるか。どこから署内に入れるのか。1階の窓口は一般市民も利用します。そこで地下から業務用のエレベーターで取調室まで連れていくことにした。移動距離が一番近くなるようエレベーター付近の部屋を使用し、エレベーターに誰も乗らないよう張り紙をした。市民はもちろん、署内で蔓延したら、全員が自宅待機というわけにはいきませんから。万が一のことがないよう、感染拡大を防ぐため、細心の注意を払いました」(桐生署)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る