2億6000万円荒稼ぎ 半グレ売春組織と「ちょんの間」の評判

公開日: 更新日:

 大阪・堺の半グレグループが「ちょんの間」をシノギにしていた。

 大阪の5大新地の1つ「信太山新地」(和泉市)で女性らと売春契約を結んだとして、半グレ集団「風花一門」のリーダーで、性風俗店経営者の橋本慎也容疑者(40)が17日、売春防止法と職業安定法違反の疑いで、府警生活安全特捜隊に再逮捕された。

 橋本容疑者は、信太山新地で2つの旅館を経営し、府警は旅館の責任者の青木萌恵(26)、スカウト担当の和田龍真(35)と竹本昇司(29)の3容疑者も逮捕。旅館や関係先20カ所以上をガサ入れし、現金約2億6000万円を押収した。

 信太山新地には30軒ほどの旅館があり、橋本容疑者らは経営する「姫沙羅(ひめしゃら)」「初代」に男性客を呼び込み、近くで待機している女性を派遣し、売春をさせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る