アイドル志望女子高生に枕営業迫る 自称音楽Pの古典的手口

公開日: 更新日:

「アイドル活動をするには、枕営業をしなければいけない。みんなやっている」

 アイドル志望の女子高生(16)をこう騙し毒牙にかけていた。22日、準強制性交の疑いで警視庁練馬署に逮捕されたのは、自称、音楽プロデューサーの清成啓貴容疑者(26)。

 清成容疑者は昨年10月、会員制交流サイト(SNS)に「アイドルになりたい人募集」と書き込み、10月4日、呼びかけに応じた都外に住む女子高生(当時15)を翌5日の午後、東京・練馬区の自宅アパートに連れ込んだ。

「築30年以上、家賃6万円ほどのワンルームのアパートで、女子高生が断ることができない雰囲気、逃げ出せない状況にして、『自分はフリーランスのプロデューサーだ。これも芸能活動のためだ』と、もっともらしいことを言って服を脱がせ、無理やり性行為に及んだ。女子高生から話を聞いた母親が同月下旬、署に相談していた」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る