東須磨小教員いじめ問題 加害教諭4人が起訴猶予処分の理由

公開日: 更新日:

 神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、適応障害と診断され、昨年9月から欠勤中だった被害者の男性教諭(25)が4月1日、別の市立小に異動になり、復職した。本人が「東須磨での復帰は精神的負担が大きい」と申し入れていた。

 昨年10月、いじめ問題が明らかになると、ワイドショーは連日、被害男性が無理やり激辛カレーを食べさせられ、顔にカレーを塗られる動画を流した。同小や市教育委員会に抗議が殺到し、休職していた加害教諭4人が、有給休暇扱いになっていたことが伝えられると、市民から「おかしい」という批判が集中した。市は4人の給与を差し止めるため、条例を改正した。

 4人は3月11日、暴行や強要の疑いで兵庫県警に書類送検され、その際、全員が懲戒処分を受けて容疑を認めていることから、厳しい処分を求めない「寛大処分」の意見が付けられた。神戸地検は27日、懲戒免職処分となった蔀俊元教諭(34)と柴田祐介元教諭(34)のほか、停職3カ月の女性教諭(45)と減給3カ月の男性教諭(37)を起訴猶予処分とした。第三者調査委員会は120を超えるハラスメント行為を認定していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る