コロナ暗転のとんかつ店主 営業再開予定も油かぶり壮絶死

公開日: 更新日:

「真面目で温厚な人だったのに……」

 商店街関係者から惜しむ声がやまない。先月30日、東京・練馬の老舗とんかつ店「まるとし」の男性店主(54)が火災で死亡。警察によると、遺体には油を浴びた形跡があったという。地元で愛された店主の“壮絶死”の裏に何があったのか。

 現場の店は、東武東上線「東武練馬」駅から徒歩1分、旧川越街道に面する創業50年の老舗だ。亡くなった店主は妻の父の後を継ぎ、約20年前から3代目として店を切り盛りしてきた。

 法大経済学部の夜間学部に通った後、店で働きながら、慶大経済学部の通信教育課程でも勉強。11年半かけて卒業後、日大大学院総合社会情報研究科で修士課程を修めた努力家だ。院生時代に本人が書いたとみられるブログ「東武練馬まるとし物語」には、取引先の見直しや新メニューの開発など〈店を変革しようとする意気込みは、自分でもどう展開していくのか、そのゆくえが楽しみである〉と記していた。

 区の食育応援店のパンフレットに〈豚肉は麦小町、鶏肉は桜姫。(略)季節の練馬産野菜を使用〉と紹介するなど、食材へのこだわりも欠かさなかった。練馬駐屯地の自衛官が町内の集会所で宴会を催す際には、決まって仕出しを頼まれるほど人気だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

もっと見る