警察官がデリヘルでの感染隠しクラブへ…ママが怒りの激白

公開日: 更新日:

 青森市のデリヘルで新型コロナウイルスに感染しながら、風俗店に行ったことを隠して十和田市のクラブを訪れていた不届きな警察官がいたが、クラブ「モレナ」のオーナーママ、伊藤芳恵さん(59)の怒りはいまだに収まらない。休業を余儀なくされたとして青森県警を相手に損害賠償を求め、法的措置を検討していることが分かった。

 県警の警備部に所属する20代の警察官は、今月8日にデリヘル店を利用。10日に風俗嬢の感染が確認された。市は心当たりのある客は申し出るよう呼びかけたが、顧客名簿に名前があった警察官は名乗り出なかった。そこで市は店を通じて本人の了解を得た上で連絡を取ったが、「違います。行っていません。検査も受けません」と否定し、PCR検査も拒否した。

 警察官は12日夜から喉に違和感があり、咳が出始めたが、体調不良を伏せたまま14日から同僚2人と十和田市に出張した。同日夜、十和田署の署員2人と感染者を含む3人の計5人で市内の居酒屋で食事し、午後9時すぎから「モレナ」で酒を飲み、伊藤さんと女性3人が接客。翌15日に警察官の感染が判明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る