所持金6円で横浜から姫路へ無銭乗車 86歳無職の目的と事情

公開日: 更新日:

 困ったジイさんだ。

 初乗り料金140円の切符で神奈川県横浜市から兵庫県姫路市まで乗車した86歳のジイさんが、キセルでパクられた。

 JR米原―姫路間を無賃乗車したとして、兵庫県警姫路署は17日、鉄道営業法違反の疑いで住所不定、無職の奥義治容疑者を逮捕した。

 奥容疑者は16日午前5時ごろ、JR石川町(元町・中華街)駅で140円の切符を購入。電車に乗り込み、飲み食いもせず、トイレに行くたびに電車を降りたり、乗ったりしながら在来線を乗り継いだ。目的地は大阪だったが、車内で眠り込んでしまい、目が覚めたら翌17日の午前0時48分、JR姫路駅だった。

 奥容疑者は大阪に戻るつもりで駅員に「トイレを貸してくれ。改札から出るわけにはいかないんだ」と言ったことから、不審に思った駅員が切符の提示を求めると、140円の切符しか持っていなかった。駅員が差額9650円の支払いを要求したところ、財布には6円しかなかった。奥容疑者は最初から逮捕されるのを覚悟の上で「それだったら、通報して下さい」と開き直ったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る