デリヘルで警官コロナ感染…青森県警の大甘処分に不満の声

公開日: 更新日:

「警察は自分たちが謝っても絶対に許してくれないのに、それは許されるのか!」

 さすがに青森県民からは、こんな声が上がっている。

 青森県警警備部に所属する20代の男性警察官が7月8日、青森市内のデリバリーヘルスを利用し、新型コロナウイルスの感染者(デリヘル嬢)と濃厚接触しながら上司への報告を怠ったとして、今月2日付で本部長訓戒処分を受けていた。県警は「積極的に発表する内容ではない」という理由から、地元メディアが情報公開請求した15日まで処分内容を明らかにしていなかった。

 警察官は当初、デリヘルの利用客を対象にした保健所の聞き取り調査に、「違います。行っていません。検査も受けません」とシラを切っていた。ところが1週間後の7月15日、体調が急変して緊急搬送された際、救急隊員に風俗店を利用していたことを打ち明け、保健所は初めて事態を把握した。警察官の感染が判明した県警は、翌16日から接触した職員全員を自宅待機させたが、保健所には警察官の感染を伝えていなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る