質屋に「偽バーキン」つかませた“セレブ系熟女”の巧妙手口

公開日: 更新日:

阪神間の複数の質店に持ち込み

 調べに対し、「本物だと思って仕入れた」とトボけているそうだが、自宅からは偽物のバーキンが数点押収された。商品はフリーマーケットから仕入れたとみられているが、それにしても鑑定のプロたちがなぜ、コロッとダマされたのか。

 広岡容疑者は「阪神間」の小さな質店に偽バーキンを持ち込んでいた。神戸市東灘区の御影や岡本、芦屋市、西宮市にはホンモノのセレブやマダムが居住し、地元の女子大のお嬢さまのほとんどが持っているといわれるぐらい憧れのバッグだけに、ニーズがあった。

「色や素材によっては欲しくても入手困難なものもあり、予約しても何年も待たなければならず、商品によっては希少価値がある。中には、いくらカネを出しても欲しいという金持ちもいるぐらい。中古品でも人気があります。モノがそれほど出回っていないため、入ると店の目玉商品になり、すぐに売れてしまう。利益率も高い。人気の品が手に入ることになり、質店は疑いもなく買い取っていた。それでよくよく調べてみたら偽物だということが分かったようです。広岡は質入れする際、本名を名乗り、住所と電話番号を記入していたため、すぐに特定された」(前出の捜査事情通)

 今のところ他の質店から被害相談はないそうだが、本物だと思い込んで肩に掛けているセレブがいるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る