女性になりすまし売春クラブを コロナでもたんまり2700万円

公開日: 更新日:

「すぐに会えますよ」「ホテル別煮で会えます」

 売春クラブの責任者は女性に成りすまし、出会い系サイトにこう書き込み、女性を派遣して売春させていた。「別煮」とはホテル代は別、1回2万円という暗号だった。

 売春防止法違反(周旋)の疑いで18日、大阪府警生活安全部保安課に逮捕されたのは、いずれも無職で売春クラブの責任者、玉井敏一(42)と従業員の津川健太(36)両容疑者。

 玉井容疑者らは1年半ほど前からインターネットカフェを拠点にして、スマホを使って出会い系サイトに女性のプロフィルを書き込み、写真も添えていた。

「男性客から書き込みがあると、日時、場所など、相手の都合を聞いてから女性の服装を伝え、大阪のキタやミナミなどのラブホテル街に近いところで待ち合わせする約束をしとった。売春クラブには5人の女がおって、みんな20代やった。玉井容疑者は以前、風俗関係の仕事をしとって、その関係で女の子に声を掛け、それぞれが女友達を誘い、5人集まったようや。新型コロナウイルスの影響で風俗の仕事がなくなった子や、ホストに入れあげ、ホストクラブで遊ぶ金欲しさに体を売っとった子もおった」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る