39歳美人女医が自宅を放火…リフォーム直後に犯行の不可解

公開日: 更新日:

「自分でガソリンをまいて火をつけた」

 美人産業医はこう供述しているというが、リフォームを終えたばかりの自宅に自ら火を放った動機は謎だらけだ。

 自身が所有する空き家に火をつけたとして、栃木県下野市の医師、鈴木瑞穂容疑者(39)が7日、非現住建造物等放火の疑いで県警小山署に逮捕された。

 3日午前5時ごろ、鈴木容疑者は1階南側のリビングにガソリンをまき、火をつけた。不可解なのはその後の行動だ。わざわざご丁寧にも玄関のカギをかけ、その場から立ち去った。火は約2時間半後に消し止められた。鈴木容疑者は昨年12月に築13年の中古住宅を購入。年末の12月30日にリフォームを終え、31日から空き家になっていた。

「家の所有者が鈴木だと分かり、当日、警察が連絡を取ったが、所在が分からなかった。当初は容疑を否認していたが、近所の防犯カメラに犯行時、鈴木の姿が写っていたことから、容疑を認めました。右手や足に、やけどを負っているため、本格的な調べには時間がかかりそうです。購入した自宅は、鈴木と自らが経営する『みずほ産業医事務所』の共有名義になっています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る