岩国児童相談所 女子高生自殺事件<前>被害者の父・江邑幸一さん

公開日: 更新日:

「下の娘を出産した後、元妻は肥立ちが悪く、3年ほどずっと床についていました。そのため、当時3歳だった寛世の面倒を見たり、3食を用意したりといったことは、私が毎日こなしていた。それもあって、私の言うことしか聞かない子に育っていきました」

 小学校の入学式のときも、「お母さんは来なくていい」と言うほどだったという。

「そんな子なので、小2で元妻に連れ去られたとき、生きていけないんじゃないかと心配しました」

 実際、寛世さんは元妻や祖父母との折り合いが極端に悪かった。元妻や祖父母は寛世さんだけを叱った。

「妹が間違ったことをしたときは、私と同じように叱ってほしかったと言っていました」

 思春期になり、心身ともに成長した寛世さんは次第に母親に反抗するようになる。論破したり、壁を叩いて抗議したり。その都度母親は、警察に通報した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る