岩国児童相談所 女子高生自殺事件<後>被害者の父・江邑幸一さん

公開日: 更新日:

あの世で「お父さん、お疲れ」と迎えてもらうために頑張ります

 2014年11月12日、山口県岩国市在住の高校生・原田寛世さん(当時16)が自殺した。離婚後に親権を持った母親との折り合いが悪く、離れて暮らしていた父親の江邑幸一さん(広島市在住の公務員)に助けを求めていた。江邑さんは長女の死の原因追及と、児童相談所の不作為について訴え続けている。

 母子間のいさかいに耐え切れなくなった寛世さんは江邑さんのところに身を寄せたが、親権がないために戻されてしまった。亡くなる数カ月前には「母とは一緒に暮らせない」と児相の児童福祉司に訴えていたという。亡くなったことをどうやって知ったのか。

「元妻から電話で知らされました。お通夜の日程や出席の有無について、淡々と感情を込めずに伝えられました。それで終わりです。『自殺したい』という話は娘から聞かされていました。でも、この子にできるはずはないとも思っていた。だから、聞いた時は言葉になりませんでした。その日は頭が真っ白になってしまって、通勤用に使っているバイクの乗り方すら分からなくなってしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る