風営法違反で摘発 歌舞伎町“伝説のキャバ嬢”稼ぎっぷりは

公開日: 更新日:

 警察の立ち入り調査を妨害したとして、今月1日、風営法違反の疑いで警視庁に摘発された、東京・新宿区歌舞伎町のキャバクラ店「花音」。

 花音は2019年12月にオープンして以来、風営法で定められた午前1時までの営業時間を守らず、連日、午後9時から午前5時まで営業を続けていた。警視庁は昨年5月と11月の2回、行政処分を行ったが、一向に改善されなかったため、オノを使い、機動隊員34人で強制捜査に踏み切った。

 これを受け、オーナーの桜井野の花さん(29)が7日、自身のSNSで目を潤ませながらこう謝罪した。

<今さら従業員のためなどとキレイ事だと思われても仕方がないと思います。(中略)開店直後に発生した新型コロナウイルスの影響で、歌舞伎町自体が閑古鳥が鳴くような状況となり、私を含む従業員全員の生活を守ることが困難でした>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

もっと見る