京大出身医師と嘘つき“解毒報酬” ペルー人のニセモノ人生

公開日: 更新日:

「京都大医学部卒の医療従事者」と偽り、医師免許がないのに点滴注射を打ったとして、ペルー国籍で、職業不詳のサコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル被告(26)が15日、医師法違反の疑いで、警視庁蔵前署に再逮捕された。

「デトックス(解毒)します」

 サコダ被告は一定時間で自動的にメッセージが消える通信アプリ「テレグラム」で希望者を募集。昨年7~10月にかけ、使用した覚醒剤を解毒して摘発を逃れようとした10~30代の男女6人に、東京都台東区のホテルでビタミン剤の点滴注射をした。依頼者1人につき、数万円の報酬を得ていた。

「20代カップルの『シャブ抜き』をした際、トラブルになり、サコダ被告が男から暴力を振るわれ、自ら110番し、暴行男がパクられた。捜査員が事情を聴くと、1年更新のサコダ被告の在留資格が切れていることが判明。入管難民法違反(不法残留)の疑いで逮捕され、無資格の医療行為までバレた。自宅をガサ入れしたところ、大量の医学書が見つかったほか、パソコンにFBI(米連邦捜査局)の身分証明書そっくりのデータが残されていた」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る