紀州ドン・ファン事件「3つの疑問」警察どこまで情報を?

公開日: 更新日:

 “紀州のドン・ファン”こと野崎幸助さん(当時77)が18年5月に不審死した事件が、一気に動きだした。和歌山県警は28日、元妻の須藤早貴容疑者(25)を殺人容疑などで逮捕した。野崎さんに覚醒剤を飲ませて殺害したと疑われている。しかし、事件にはまだ謎が多い。

■警察は密売人を捕まえたのか

 そのひとつが覚醒剤の密売人の存在だ。県警は早貴容疑者のスマホを解析。野崎さんの住む田辺市内で密売人と接触し、覚醒剤を入手した疑いがあるとされている。警察はどの段階で密売人の情報をつかんだのか。

「初期のころです」と言うのは元兵庫県警刑事で作家の飛松五男氏だ。飛松氏は早貴容疑者逮捕の28日に現地入りして取材した。

「県警は野崎さんが死亡して間もない段階で密売人に話を聞いて裏付けを取った。その結果、密売人が所持していた覚醒剤と野崎さんの体内から見つかった覚醒剤に同一性が認められた。早貴容疑者が入手した覚醒剤が犯行に使われた可能性が高まったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る