紀州のドン・ファン事件 元妻“同情作戦”で自白の可能性も

公開日: 更新日:

“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助さん(当時77)が殺害された事件で、和歌山地検は19日、元妻の須藤早貴被告(25)を起訴した。2018年5月、田辺市の自宅で野崎さんに覚醒剤を口から摂取させて殺害した、殺人と覚醒剤取締法違反(使用)の罪だ。早貴被告の犯行を裏付ける物証はないものの、地検は状況証拠を積み重ねて有罪を立証できると判断したとみられる。

 警察は早貴被告が覚醒剤や完全犯罪に関する情報をネットで調べ、密売人と接触した事実をつかんでいる。

 地元のメディア関係者の間では「野崎さんの体内から見つかった覚醒剤と売人の持っていた覚醒剤の成分の同一性が認められた」との説も流れている。

 元兵庫県警刑事で作家の飛松五男氏が言う。

「警察は事件後に早貴被告をポリグラフ(嘘発見器)にかけています。ポリグラフで調べられると、重度の薬物中毒患者や精神疾患の人でない限り、ウソをごまかせない。警察は早貴被告にクロの反応が出たことで自信を深めたのでしょう。報道によると、最近の早貴被告は知人が気づかないほど顔が変わったとのこと。もし整形手術をしたのなら、殺害の現実から逃れたい心理の表れとして、状況証拠に組み込まれる可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた