2年前にも同じ航空会社で…CA制服フェチの「前科と動機」

公開日: 更新日:

 よっぽどCA(キャビンアテンダント)が好きだったようだ。

 航空機内で20代CAの尻を触ったとして、愛媛県今治市の会社員、白石治彦容疑者(37)が26日、強制わいせつの疑いで警視庁東京空港署に逮捕された。

 白石容疑者は4月8日夜、羽田空港から福岡空港に向かう航空機に搭乗。トイレから出た際、近くにいたCAを「トイレが汚いから掃除して」と呼びつけた。

 白石容疑者はその場から離れず、掃除を終えたCAがトイレから出てくると、CAの前に立ちはだかり、「ちゃんとしておいてよ」と言って、スカートの上から尻をムギュッとつかんだ。

■搭乗禁止措置解除の直後

「白石容疑者は2年前にも同じ航空会社の機内で迷惑行為に及び、搭乗禁止になっていたのですが、それが解除された直後の犯行だった。機内に防犯カメラはないが、CAが会社に相談し、搭乗記録から白石容疑者を割り出した」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る