甲子園署でW不倫 人妻警官から誘惑した“交番ムラムラ”性交

公開日: 更新日:

 随分と大胆な「人妻ポリス」だ。

 交番で勤務中に男性巡査長と性行為をしたとして、兵庫県警は28日、甲子園署(西宮市)の交番に勤務していた女性巡査部長(29)を減給の懲戒処分、巡査部長と不倫をしていた男性巡査長(26)を本部長訓戒、男性巡査部長(33)を所属長訓戒処分にした。3人とも甲子園署に所属し、いずれも既婚者だった。

「差し入れに来て」

 2019年秋、女性巡査部長は同じ交番に勤務する3歳下の男性巡査長をLINEで誘い出した。巡査長はその日、休みだった。2人で話をしているうちにお互いムラムラした気分に。まだ日も暮れていない夕方、女性巡査部長は奥の休憩室で制服と下着を脱ぎ、簡易ベッドの上でむさぼるように交わった。

 2人は交番以外でも情事を楽しんでいた。大胆にも、女性巡査部長は人の出入りがある甲子園署の執務室で、巡査長の男性器を口にくわえたこともあった。2人の関係は19年8月から昨年2月まで、約半年間続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る