「トイレットペーパー泥棒」深谷署長の行動と苦しい言い訳

公開日: 更新日:

 商業施設のトイレットペーパーを盗んだとして、埼玉県警深谷署の田中敬署長(60)が3日、減給1カ月(10分の1)の懲戒処分となった。署長は同日付で依願退職し、県警は窃盗容疑で書類送検する。

 5月29日午後8時過ぎ、田中署長は鴻巣市内の商業施設の男性トイレから、備え付けのトイレットペーパー5個(170円相当)を持ち出した。当日は「非番」で、田中署長は鴻巣市内の自宅とコンビニの駐車場で焼酎を数杯飲み、深谷市の署長官舎に戻る途中だった。田中署長がトイレットペーパーを紙袋やバッグに入れて、トイレから出る姿を一般客が目撃。警備員に伝え、通報で交番の警察官が駆け付けた。

 田中署長は県警の任意聴取に対し、「急な便意を催しやすく、酒にも酔っており、電車で官舎に戻るまで不安だったため、持ち出した」と言い訳しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る