ピンサロ摘発相次ぐ…日本固有の性文化は五輪と共に去りぬ

公開日: 更新日:

「またか」――。そう肩を落とした愛好家も多いだろう。警視庁が東京・巣鴨のピンクサロン「曙」を公然わいせつ罪で摘発。男女4人を逮捕していた。男の1人は客だった。

「43歳の女の経営者と33歳のサービス嬢らが逮捕された。広さ6畳ほどの和風個室が5席あり、高さ1メートルの仕切りはあるものの、客にフェラしてるのが通路から丸見えなので公然わいせつに問われた。照明が明るめだったのも摘発理由のひとつ。料金は30分6000円からで、昨年8月から5500万円を売り上げていました」(捜査事情通)

 5月末にも上野のピンサロ「マジックバナナ」の従業員ら8人が逮捕。全裸サービスだったために公然わいせつ罪が適用され、ここでも客1人が逮捕された。五輪直前の浄化作戦のようだが、摘発の主流は従来ソープランドだった。ピンサロの“ご難続き”は珍しい。しかも客まで逮捕されるとは心配だ。風俗ライターの伊藤裕作氏はこう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る