群雄割拠の雑誌定額読み放題 「dマガジン」はなぜ強い

公開日:  更新日:

 新シーズンを目前に何かと忙しいビジネスマン。書店やコンビニに立ち寄るヒマがなくても、日々の最新情報はしっかりインプットしておきたい。そんな時に強い味方となってくれるのが、雑誌の定額配信読み放題サービス。中でも一番のオススメが、NTTドコモの「dマガジン」だ。

 雑誌の品揃えには各社サービスで特色があるが、dマガジンは人気雑誌160誌以上、バックナンバーを含めると1000冊以上が読める。スクープ連発のアノ週刊誌のほか、主要な総合週刊誌がラインナップされているのは、実はdマガジンだけ。しかも、約80%程度が紙の雑誌と同じタイミングで配信されている。

 月額たったの400円。ドコモユーザーでなくても使え、iOSやアンドロイドのスマホやタブレットに加えて、2月からはパソコンの対応もスタートしますます便利になった。スマホ・タブレットなら、1つのアカウントで最大5台の端末、それとは別にパソコンは1台が登録可能となり、2016年3月13日には「dマガジン」の契約数が、300万を突破するなど、ますます注目を集めている。

 dマガジンのストロングポイントはこれだけではない。好きな雑誌を読むというオーソドックスな楽しみ方とは別に、記事が「芸能・エンタメ」「趣味・スポーツ」「経済・ビジネス」など各ジャンルに分けられているため、複数の雑誌に掲載されている同ジャンルの記事がまとめて読める。たとえば人気急上昇中のNHK大河ドラマ「真田丸」や、発生から5年を迎えた東日本大震災に関する記事だけが集められているなど、旬の情報を収集するには使える機能だ。これで話題に乗り遅れる心配はないし、雑談のネタ探しにも最適だ。

 よく読む雑誌を「お気に入り」に登録しておけば、アプリに登録した雑誌が自分の部屋の本棚のように並ぶ。最新号が配信されるとプッシュ通知してくれる。

 dマガジンでは2016年3月31日まで、「総額100万円分のdポイントが当たる!!」キャンペーンを開催中だ。新規契約者を対象に、3誌以上お気に入り登録したユーザーから抽選で毎月1000名(計2000名)に、1000円分のdポイントが進呈される。

 しかも今なら、初回登録後31日間は無料で読み放題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る