• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“たるまない女性”になるならコレ!プロも唸る1分間極上スキンケア

 30歳前後から増え出す肌の悩み。40歳を過ぎたあたりからは、シミ・シワ・たるみ、ほうれい線やフェイスラインの歪みと、悩みがより深刻になりがちです。

 でもこの悩み、「しっかりケア」している女性と「それなりケア」の人とでは、現れ方に格段の差が出るのをご存知ですか。あなたのケアはしっかり? それとも、それなり?

「しっかりケア」で年齢肌の悩みゼロ! といきたいところですが、仕事に家事に子育てにと何かと忙しいのが現代女性。スキンケアに多くの時間や労力を割くのは難しいですよね。

 ところが、「それなりケア」の時間と労力で極上のお手入れができる美肌クリームがあるんです。それは「EBM ESスキンクリーム」です。

■「サロン発」という実績と品質

 なぜ「それなりケア」で極上のお手入れができるのかというと、それはプロ仕様のクリームだから。「EBM ESスキンクリーム」は、全国に46店舗を展開するフェイシャルケア専門サロンで、メインのお手入れアイテムとして使用されるクリームなのです。

 美肌トリートメントのほか、リフトアップや小顔のお手入れでも使用されているため、実績は十分。人間の皮脂に近いココナッツオイル由来の成分をベースに、12種類の植物エキスや温泉抽出成分など、たっぷりの美容成分を配合。肌への効果だけを考えて成分を厳選したプロ仕様クリームらしい独自の処方が特徴です。

 肌を潤いで満たすのはもちろん、見違えるほどのハリを与え肌をキュッと引き締めます。リフトアップや小顔のお手入れで使われているだけあって、その効果は折り紙付き。エステ級のケアが自宅でできると話題になり、すでに130万個の販売実績があるというのも納得ですよね。愛用者からは「シミ・シワ・たるみ」すべてに効果を実感したとの声が多数あがっているのだとか。

 美容のプロも唸るほどの「EBM ESスキンクリーム」は、乳液とクリームの中間くらいの柔らかな感触。肌なじみがとても良く、肌の内側にすっと浸透していきます。ベタベタが残らないので、朝のメイク前にもピッタリ。これからの季節、ベタつかないのは嬉しいですよね。

■わずか1分! しかも塗るだけ

 プロ仕様の「EBM ESスキンクリーム」ですが、使い方はとても簡単。サクランボ粒ほどのクリームを両方の手のひらになじませ、優しく顔全体に塗ったら手のひらで顔を包みこんで10秒ほど密着させるだけ。お手入れ時間はたったの1分ですから、どんなに忙しい朝でもスキンケアが可能です。「それなりケア」以上に楽かも知れませんね。

EBM ESスキンクリーム」は、毎日のお手入れの他に、週1回のスペシャルケアにもぜひ使ってください。

 スペシャルケアはお風呂に浸かりながらがオススメ。ほうれい線が気になるなら「小鼻の横→頬骨の下→耳の前」の順に、ほうれい線を引っ張るようにマッサージ。フェイスラインが気になるなら、「あご→フェイスライン→耳の前」の順に、筋肉を持ち上げるようにマッサージ。どちらも2、3回繰り返すと効果的。抜群のリフトアップ効果があるので、たるみが気になる方にオススメです。エステ帰りのように肌のキメも整い毛穴も目立たなくなりますよ。

 これだけの効果で、しかもサロン発のプロ仕様だから値段も高めなのでは? とお思いでしょうが、初めての方に限り「EBM ESスキンクリーム」に同じEBM ESシリーズの洗顔ソープ、ローション、さらに毛穴汚れや古い角質をするりとオフするピーリングウォーターがセットになった、たっぷり2週間分のトライアルキットがなんと1500円(税別・送料無料)でお試しできるんです。通常価格なら3500円(税別)ですから、半額以下でとってもお得。

「それなりケア」の時間と労力で極上のお手入れができる美肌クリーム。シミ・シワ・たるみ、ほうれい線やフェイスラインの歪み……年齢肌でお悩みなら、いますぐ試してみる価値がありそうですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る