• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ジャパンカップ】春秋の天皇賞馬がガチンコ対決

横山典を背に抜群に動いた(C)日刊ゲンダイ

超個性派ゴールドシップは巻き返しなるか?

 東京開催のラストを飾るのはジャパンC。決戦の舞台にGⅠウイナーは外国馬4頭を含めて半分の9頭。その中でも実績が抜きんでているのが、今年の春、秋の天皇賞を快勝したゴールドシップ、ラブリーデイだ。阪神大賞典、天皇賞・春、宝塚記念に続いて今年4回目の対決。軍配はどちらに上がるか。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事