【東スポ杯2歳S】スマートオーディン来春クラシック候補に

公開日:  更新日:

 極上の切れ味で出世レースを制覇。武豊スマートオーディンが昨日(23日)のGⅢ東スポ杯2歳Sを勝って、クラシック候補に名乗りを上げた。

 前半5F62秒4の遅い流れで、レースの上がりが33秒7の究極の瞬発力勝負。その中でオーディンが使った脚は32秒9。他馬より0秒5以上も速く、内にささりながらの直線一気は、性能の高さを示すには十分過ぎるほど。来春のGⅠが楽しみになる勝ち方だった。

 また、武豊もこの勝利で、今年はJRA97勝となった。09年以来となる年間100勝も目前。この後、GⅡデイリー杯2歳S勝ちのエアスピネルで挑む朝日杯FSで、前人未到のJRA全GⅠ制覇を目指す。

 人馬ともにますます目が離せない。

①着スマートオーディン(武豊騎手)
 期待通りでした。ペースがかなり遅くて行きたがるところがあり、ペースが上がってほしかった。それでも、直線は凄く伸びました。ちょっと内にささる面があったけど、凄い切れ味でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る