• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東スポ杯2歳S】スマートオーディン来春クラシック候補に

 極上の切れ味で出世レースを制覇。武豊スマートオーディンが昨日(23日)のGⅢ東スポ杯2歳Sを勝って、クラシック候補に名乗りを上げた。

 前半5F62秒4の遅い流れで、レースの上がりが33秒7の究極の瞬発力勝負。その中でオーディンが使った脚は32秒9。他馬より0秒5以上も速く、内にささりながらの直線一気は、性能の高さを示すには十分過ぎるほど。来春のGⅠが楽しみになる勝ち方だった。

 また、武豊もこの勝利で、今年はJRA97勝となった。09年以来となる年間100勝も目前。この後、GⅡデイリー杯2歳S勝ちのエアスピネルで挑む朝日杯FSで、前人未到のJRA全GⅠ制覇を目指す。

 人馬ともにますます目が離せない。

①着スマートオーディン(武豊騎手)
 期待通りでした。ペースがかなり遅くて行きたがるところがあり、ペースが上がってほしかった。それでも、直線は凄く伸びました。ちょっと内にささる面があったけど、凄い切れ味でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る