• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ジャパンC】意欲的に時計を出したイラプト

日本の芝もこなしそう(C)日刊ゲンダイ

 外国馬4頭の中で、けさ(水曜)最も意欲的に時計を出したのはイラプトだった。

 東京競馬場のダートで軽く1周した後、芝コースへ。向正面からキャンターでペースを上げて、時計になったのは7Fから。99秒7―39秒5、1F12秒8をマークした。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事