• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ジャパンC】赤マル急上昇!サウンズオブアース波乱の主役

(C)日刊ゲンダイ

 凱旋門賞で2年連続②着のフリントシャーが回避、今年も外国勢は手薄な顔ぶれとなった。

 対する日本勢は宝塚、秋天と今年GⅠ2勝のラブリーデイが筆頭格。
 ただし、その2戦はいずれもスローの上がり勝負を先行策。展開が向いた面は否めず、ここ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事