• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京阪杯】サトノルパン重賞初制覇 1200m2戦2勝

①着サトノルパン(和田騎手)
ゲート内もいつもよりおとなしかったし、スタートはこの馬にすれば出てくれました。仕掛けることなくいい位置で脚もたまっていましたからね。最後はすぐ後ろにビッグアーサーがいましたが、アドバンテージを生かして頑張ってくれました。千二百メートルも良かったですね。

(村山調教師)
次は淀短距離Sを考えていましたが、賞金も加算できたし、シルクロードSから高松宮記念というローテーションも視野に入れて考えます。

②着ビッグアーサー(藤岡康騎手)
もう少し前で競馬をさせたかったんですけど……。この前より半馬身ぐらい立ち遅れて、想定よりも後ろの位置に。スペースができてからはよく伸びてくれたんですが、うまく乗ってあげられませんでした。

③着アースソニック(アッゼニ騎手)
馬とケンカはしたくなかった。リラックスして走れていたし、折り合いもついていた。最後はよく伸びてくれましたよ。

④着ベルカント(武豊騎手)
楽なペースで逃げることができたけどね。4角で後ろを突き放していけなかった。きょうは上位の馬が強かったよ。

⑤着エイシンブルズアイ(ボウマン騎手) スパッと切れるというよりは長く脚を使うタイプ。2番手につけて粘りを生かしたかったが、外から来られてあの位置に。最後もジリジリした脚になってしまったね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事