【チャンピオンズC】来年に夢をつないだノンコノユメ

公開日:  更新日:

関東馬②③④着の快挙

 4連勝で臨んだ3番人気ノンコノユメは猛然と追い込むも②着まで。06年アロンダイト以来の3歳馬Vを狙ったが、1馬身半届かなかった。

 それでも、この走りは大健闘。来年へと視野が広がる好走だったといえる。4角15番手からロスのない最内をスルスルと伸び、ダート馬としては小柄な452キロの体の持ち主とは思えない快走。しかも、ここ3戦の軽い馬場とは違い、パサパサの力のいるダートでのもの。展開に助けられたのを差し引いても、歴戦の年長馬と初対戦で結果を出すのだから、これはもう“本物”と言っていいだろう。

 また、②~④着は関東馬が立て続けに入線。ノンコもそうだが、③着サウンドトゥルー、④着ロワジャルダンは秋に重賞を勝ったばかりの新興勢力組だ。

 関東馬の出走は昨年のゼロから5頭に大きくジャンプアップ。ダート界は長らく関西馬が席巻していたが、関東馬の5頭出しはイーグルカフェが勝った02年(①②④⑦⑩着)以来のもの。質も量も近年とは明らかに違い、こうなると来年もさらに勢力図が変わってきそうな様相だ。

 これはダート界だけの話ではない。

 振り返れば、今年はドゥラメンテが2冠を制したのを筆頭に、ここまで関東馬はGⅠで5勝②着7回③着7回と、延べ19頭が馬券に絡んだ。あとGⅠ3戦を残して昨年と同じ数字に並んだのだ。

 その前の13年は延べ14頭なのだから、着実に関東馬が巻き返してきているのは認識すべき。

 GⅠシリーズで“冬のボーナス”をゲットするなら、関東馬は絶対に絡めておいた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る