• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【チャンピオンズC】来年に夢をつないだノンコノユメ

関東馬②③④着の快挙

 4連勝で臨んだ3番人気ノンコノユメは猛然と追い込むも②着まで。06年アロンダイト以来の3歳馬Vを狙ったが、1馬身半届かなかった。

 それでも、この走りは大健闘。来年へと視野が広がる好走だったといえる。4角15番手からロスのない最内をスルスルと伸び、ダート馬としては小柄な452キロの体の持ち主とは思えない快走。しかも、ここ3戦の軽い馬場とは違い、パサパサの力のいるダートでのもの。展開に助けられたのを差し引いても、歴戦の年長馬と初対戦で結果を出すのだから、これはもう“本物”と言っていいだろう。

 また、②~④着は関東馬が立て続けに入線。ノンコもそうだが、③着サウンドトゥルー、④着ロワジャルダンは秋に重賞を勝ったばかりの新興勢力組だ。

 関東馬の出走は昨年のゼロから5頭に大きくジャンプアップ。ダート界は長らく関西馬が席巻していたが、関東馬の5頭出しはイーグルカフェが勝った02年(①②④⑦⑩着)以来のもの。質も量も近年とは明らかに違い、こうなると来年もさらに勢力図が変わってきそうな様相だ。

 これはダート界だけの話ではない。

 振り返れば、今年はドゥラメンテが2冠を制したのを筆頭に、ここまで関東馬はGⅠで5勝②着7回③着7回と、延べ19頭が馬券に絡んだ。あとGⅠ3戦を残して昨年と同じ数字に並んだのだ。

 その前の13年は延べ14頭なのだから、着実に関東馬が巻き返してきているのは認識すべき。

 GⅠシリーズで“冬のボーナス”をゲットするなら、関東馬は絶対に絡めておいた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る