• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【阪神ジュベナイルF】陣営直撃 ブランボヌールの巻き返しは?

荒れた馬場もなんのその(C)日刊ゲンダイ

「前回、スッと反応できなかったのは久々の分」(白倉助手)

 ブランボヌールは6月の函館で早々とデビュー戦を飾ると、函館2歳Sも差し切り勝ち。同期の中で真っ先にタイトルを手にした。その後はじっくり放牧で充電し、ファンタジーS→阪神JFのローテーション。ステップでは③着に敗れたが、果たして本番はどうなるか。陣営に聞いた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る