• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【香港国際競走】エイシンヒカリ圧倒劇でJRA番組の問題点浮き彫り

 モーリスとエイシンヒカリが世界を制圧――。香港で久々に日本馬が複数の国際GⅠに勝利した。

 初っパナのGⅠ香港スプリントに出走したミッキーアイル、ストレイトガール、サクラゴスペルは⑦⑨⑫着と惨敗を喫したが、そのショックを一気に吹き飛ばしたのがGⅠ香港マイルのモーリスだ。直線では現地のエイブルフレンド(③着)と2頭で激しく競り合い、いったんは前に出られたものの、ムーアの叱咤に応えて差し返してゴールイン。日本のマイル王がついにアジアの頂点に立った。

 それからおよそ40分後のGⅠ香港カップでは、日本馬が大穴メーカーになった。

 外からジワッとハナに立った武豊エイシンヒカリが②着ヌーヴォレコルトに1馬身差をつけて逃げ切り勝ち。日本馬のワン・ツーはナント、単勝38・7倍、馬連は104・65倍もついた。

 何といっても素晴らしかったのが武豊の騎乗ぶりだ。前半2Fを26秒17とゆっくり。だが、その後はずっと2F23秒台半ばのラップを刻み続け、後続にもなし崩しに脚を使わせる“肉を切らせて骨を断つ”競馬。二千メートル2分0秒60はレースレコードの快挙だった。

 ただ、手放しで喜んでもいられないのは、このレースに日本馬が4頭も遠征していたこと(エイシン、ヌーヴォのほかにステファノス、サトノアラジン)だ。

 天皇賞・秋が終われば日本には二千メートル前後の大レースがなく、そもそも千八は一年を通してGⅠが組まれていない。

 二千四百メートルでも戦える馬はジャパンC→有馬記念を使えばいいが、エイシンのように千八か二千メートル、しかもコーナー4つの競馬がベストだと、当然、このレースに行きつくことになる。

 もちろん、海外の大レースを日本馬が勝つシーンはうれしいし、ファンならば何度でも見たいもの。だが、小回りコースの千八、二千の古馬GⅠが日本に1つぐらいあってもいいのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る