• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【阪神ジュベナイルF】レース後の談話

①着メジャーエンブレム(ルメール騎手) ごっつぁんです。スタートはちょっとびっくりしたけど、彼女はとても乗りやすい馬です。内枠でいいスタートをとれてよかった。今回はリラックスしていたし、直線では長くいい脚を使ってくれました。JRAの騎手として初めてGⅠを勝てた。すごくうれしいです。

(田村調教師) 入厩した時から強い馬と感じていましたからね。それを皆さんの前で証明できてうれしいです。教えてきたことでルメールの指示通りに競馬ができた。今は求めるものがありません。さらに切れ味が出るはずですし、(桜花賞で)返り討ちにするくらいにしたい。

②着ウインファビラス(松岡騎手) ちくしょう。勝負がかりで体をつくってシャープにできていたんだけどね。これも競馬だけど、ゴチャついて競馬できなかった。来年の春、またリベンジしたい。

③着ブランボヌール(中竹調教師) 岩田いわく、バカついた馬がいて外を回ったと。それでもあそこまで来たのはウチの馬だけだし、あらためて能力を感じた。悲観する内容じゃない。諦めないで春まで力をつけていきたい。

④着ペプチドサプル(古川騎手) 向正面で随分とガチャガチャしたからね。まだ2歳の女の子、キャリア2戦の馬には厳しい競馬だったよ。ただ、それでもヒルむことなく伸びてくれた。いい馬だし、いい根性をしているよ。

⑤着アットザシーサイド(三浦騎手) 道中は内の馬を気にして、外に張り気味に。4角手前では下がってきた馬も気にしてたし……。そこらは競馬に慣れてない分かな。それにもう少しペースも流れてほしかった。そんな中でも直線はいい脚を使ってくれたので、能力は高い馬ですよ。

⑦着デンコウアンジュ(川田騎手) ハナに行ってた馬が外に逃げ出してからはクシャクシャの競馬に。そこで気持ちも何もかもなくなってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る