【阪神ジュベナイルF】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着メジャーエンブレム(ルメール騎手) ごっつぁんです。スタートはちょっとびっくりしたけど、彼女はとても乗りやすい馬です。内枠でいいスタートをとれてよかった。今回はリラックスしていたし、直線では長くいい脚を使ってくれました。JRAの騎手として初めてGⅠを勝てた。すごくうれしいです。

(田村調教師) 入厩した時から強い馬と感じていましたからね。それを皆さんの前で証明できてうれしいです。教えてきたことでルメールの指示通りに競馬ができた。今は求めるものがありません。さらに切れ味が出るはずですし、(桜花賞で)返り討ちにするくらいにしたい。

②着ウインファビラス(松岡騎手) ちくしょう。勝負がかりで体をつくってシャープにできていたんだけどね。これも競馬だけど、ゴチャついて競馬できなかった。来年の春、またリベンジしたい。

③着ブランボヌール(中竹調教師) 岩田いわく、バカついた馬がいて外を回ったと。それでもあそこまで来たのはウチの馬だけだし、あらためて能力を感じた。悲観する内容じゃない。諦めないで春まで力をつけていきたい。

④着ペプチドサプル(古川騎手) 向正面で随分とガチャガチャしたからね。まだ2歳の女の子、キャリア2戦の馬には厳しい競馬だったよ。ただ、それでもヒルむことなく伸びてくれた。いい馬だし、いい根性をしているよ。

⑤着アットザシーサイド(三浦騎手) 道中は内の馬を気にして、外に張り気味に。4角手前では下がってきた馬も気にしてたし……。そこらは競馬に慣れてない分かな。それにもう少しペースも流れてほしかった。そんな中でも直線はいい脚を使ってくれたので、能力は高い馬ですよ。

⑦着デンコウアンジュ(川田騎手) ハナに行ってた馬が外に逃げ出してからはクシャクシャの競馬に。そこで気持ちも何もかもなくなってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る