• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【朝日杯FS】リオンディーズ大外鋭伸

因縁の対決は再びシーザリオに軍配

 偉業達成はお預け――武豊がJRA平地GⅠ完全制覇なるかで注目を集めた朝日杯フューチュリティS。勝ったのはM・デムーロ鞍上のリオンディーズだった。騎乗としてはケチのつけようがなかった。武豊エアスピネルはスタートを決めて中団でしっかり脚をためる競馬。道中は不利もなく、勝負どころもスムーズで、直線も追い出しを待ってから抜け出す完璧な騎乗だった。

 それでも勝てなかったのはリオンディーズが想像以上に走ったということ。マイル戦ということもあって最後方からの競馬でも、直線はデムーロのステッキに応えて大外から鋭伸。ただ1頭だけラスト3F33秒台の脚、それも33秒3だからケタ違いだった。ちなみに、キャリア1戦での朝日杯フューチュリティS制覇は史上初である。この2頭で後続を4馬身引き離したのだから、エアにとっては相手が悪かったとしか言いようがないが、これも“因縁の対決”の通りなのか。

エアスピネル武豊血に敗れる

 土曜発行紙面の「激辛ジャッジ」でも触れていた通り、エアの母エアメサイアとリオンの母シーザリオは05年の牝馬クラシックで対決し、桜花賞→オークスとシーザリオが②①着で、エアメサイアは④②着。ともに後塵を拝していた。

「そこまでお母さんに似なくていいのに」

 レース後にそう苦笑いで話した武豊。振り返れば、エアメサイアは秋華賞で勝利し、その時、ゴール直前でかわした相手は福永。桜花賞はラインクラフトに乗って勝ち、オークスでは因縁のシーザリオで負かされた相手だった。

 3歳秋でGⅠを取った母を思うと、スピネルもまだまだ伸びシロはたっぷりある。大記録達成を阻んだリオンディーズ、そしてM・デムーロに一矢報いるシーンをクラシックでは期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る