日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GⅠ朝日杯FS談話

①着リオンディーズ(M・デムーロ騎手) みんなから“いい馬”“パワーがある”と聞いていました。追い切りは掛かったけど、頭は賢い。跳びが大きいし、初めてのマイルで外枠だけにゆっくり行ったけど、すごい手応え、すごい伸びでした。朝日杯を勝っていない武豊さんをかわしてごめんなさい(笑い)。

②着エアスピネル(武豊騎手) いい競馬ができたし、走りも今まで一番良かったと思う。ただ、それ以上に勝ち馬が強かった。そこまでお母さん(シーザリオ)に似なくていいのにね。ま、きょうは完敗だったけど、来年に向けて楽しみな馬であるのは間違いないよ。

③着シャドウアプローチ(中谷騎手) 上位の2頭は強かった。それでも早めにエアをとらえる競馬をしながら③着に踏ん張ってくれたからね。最後は突き放されたけど、最低限の仕事はできたんじゃないかな。

④着ユウチェンジ(川田騎手) 4角までは非常にスムーズでいい感じでした。ただ、直線でスペースがあきかけたところへ入ろうとした時に狭くなって……。それでも④着だし、来年が楽しみな馬ですよ。

⑤着シュウジ(岩田騎手)この馬のレースはできたし、収穫もあったよ。3角で外を回っていれば③着はあったと思うけど、スペースに突っ込んでいった。力は出しているよ。

⑨着イモータル(武幸騎手) 地下道ですごくテンションが高かった。返し馬の後に待避所で落ち着くかと思ったけどずっとイレ込んでた。今後のテンションが心配だね。

⑪着ボールライトニング(蛯名騎手) 下を気にしたのかなあ。道中から走りっぷりが悪かった。エアが並んできた時には抵抗できなかったし、何でかよく分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事