【有馬記念】②着のM・デムーロ 来年はリーディングが現実的に

公開日:  更新日:

 今年は史上初のJRA所属の外国人ジョッキーが誕生。その記念すべき年に、やはりというか、M・デムーロとルメールの“デム&ルメ”コンビが大暴れ。とりわけ、M・デムーロの活躍ぶりはすさまじかった。

 デビュー週にいきなりダイワマッジョーレでGⅢ阪急杯を差し切ると、ドゥラメンテで皐月賞、ダービーの2冠を制覇。勢いはとどまることを知らず、夏にも重賞3勝を挙げて「サマージョッキーズシリーズ」チャンピオンに輝く。

 そして、圧巻だったのが12月である。GⅠチャンピオンズCでは、12番人気と低評価だったサンビスタを絶妙な手綱さばきで勝利へエスコート。そこからGⅢチャレンジC→GⅠ朝日杯フューチュリティS→GⅡ阪神Cを立て続けに勝ち、4週連続重賞制覇を達成。昨日もGⅡホープフルS②着、有馬記念でも5番人気サウンズオブアースを②着に導いた。

 通年免許を取得した1年目の成績は118勝、重賞12勝は岩田の13勝に次ぐ2位。年明けからではなく、スタートが3月だったことを考えれば、実質トップと言ってもいい。来年は1月から腰を据えてフルに騎乗が可能。外国人ジョッキーによるリーディング奪取が、いよいよ現実的になってきた。

②着 サウンズオブアース(M・デムーロ騎手)
 ショックだね。4コーナーで少し狭くなって、ゴールドシップも止まって外に行った。それからは最後、すごくいい伸びをしてくれた。本当に残念、勝ちたかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る