【ホープフルS】ハートレーが勝って外国人ジョッキー①~③着独占

公開日:  更新日:

①着ハートレー(ボウマン騎手)
 飛んでたよ。頭もいいし、凄い馬だ。走るディープ(インパクト)産駒そのものって感じ。調教で乗って手応えを掴んでたので、自信を持ってレースに臨んだ。4コーナーで②着馬が来ても心配なかったよ。

②着ロードクエスト(M・デムーロ騎手) 
 初めての二千と右回り。それに、4コーナーで勝ち馬にぶつけられて手前も替えざるを得なかった。勝ち馬ほどの瞬発力がなかったけど、それでも頑張ったと思う。

③着バティスティーニ(ルメール騎手)
 とてもいいレースができた。ポジションは問題なく、リラックスして走れて反応も良かった。ただ、①②着馬が強すぎた。ノーエクスキューズだよ。

④着ブラックスピネル(松若騎手)
 道中、外からプレッシャーがあって若干、行きたがっていました。それでも、最後まで頑張ってくれているんですけど。これからの馬ですから。

⑤着アドマイヤエイカン(岩田騎手)
 いろいろな面で改善してきているね。レースもうまくいっての⑤着。悲観する内容じゃないし、これからもっと良くなってきそうだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る