日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【中山金杯】レース後の談話

①着ヤマカツエース(池添騎手) 金杯というめでたいレースを勝つことができて、いいスタートが切れました。また、ヤマカツエースにとっても今年最初の大事なレース。結果を求めていました。ハナを切った馬が楽で縦長の展開でも“遅いな”と。自分から動いて前をとらえ、後ろからの馬もしのいだように力をつけています。この馬の飛躍の年にしたいです。

②着マイネルフロスト(松岡騎手) ナイス逃げだったでしょ。あれだけ後ろを離していたのに〝これは遅いな〟って思ってたくらい。これまで押さえる競馬をしてきたんで、うまいことため逃げができたよ。4角ではやったなって思ったんだけどねえ、きょうは勝った馬が強かったわ。

③着フルーキー(M・デムーロ騎手) これまで千八までを中心に使ってきたし、今回はハンデも57・5キロ。その点を考えてじっくり乗ったんだ。このスローでは展開が厳しかったね。でも、最後は外からいい脚で伸びてくれた。地力は見せたよ。

④着ライズトゥフェイム(石川騎手) 自分の馬はしまい勝負型ですからね。縦長だったけど案外ペースが流れていなかったし、展開が向きませんでした。それでもラストは外からいい脚を使ってくれたし、重賞でも戦っていけますよ。

⑤着ステラウインド(蛯名騎手) いい形だったんだけどなあ。勝ち馬が来るのを待って追い出したのに、並んでから逆に離されてしまっては仕方ないよ。

⑥着ブライトエンブレム(ルメール騎手) ギアが変わらなかったね。ワンペースで走っていたよ。スローの上がり勝負だけに余計きつかった。

⑦着同着ネオリアリズム(戸崎騎手) 引っ掛かってしまいました。それだけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事