• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京都金杯】レース後の談話

①着ウインプリメーラ(川田騎手) 返し馬で具合の良さは感じ取れましたし、京都は得意と聞いていたので楽しみに臨みました。終始いいリズムで手応え良く運べて4角、直線もいい雰囲気。最後は〝しのいでくれ〟と思いながら乗っていました。いいチャンスを与えてもらって、いい結果を出せて良かったです。

②着テイエムタイホー(浜中騎手) 折り合いもついたし、よく頑張ってくれたと思いますよ。一瞬はかわせそうな勢いはあったんですが、勝ち馬とは4キロ差がありましたからね。その分、最後は同じ脚色になってしまいました。

③着ミッキーラブソング(小牧騎手) ラチ沿いのポケットに入れて、一服させるように走らせたかったんだけどね。この馬にしたらちょっといい感じで運び過ぎたかな。でも、中身のある競馬はできたと思うよ。

④着シベリアンスパーブ(藤岡康騎手) “少しためるレースを”というオーダー。いいリズムで運べたし、最後はいい脚を使ってくれたんですけどね。向正面でゴチャついて1列下がってしまったのが痛かったです。

⑥着エイシンブルズアイ(和田騎手) ケイコの感じだと自分からハミを取っていくイメージだったんだけど、競馬は思いのほか指示を待つ感じだった。変に賢いところがあるのかな。距離自体は大丈夫だし、この馬のリズムに持ち込めば、やれる力はあるよ。

⑩着トーセンスターダム(武豊騎手) ゲートが痛かった。入ってすぐにガタガタして座り込んでいたから。以前よりゲートが悪くなっているのが気になるね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る