• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フェアリーS】 ビービーバーレル逃げ切りV

 現役時代さながらの逃げ切りで重賞初制覇─―。

 月曜のGⅢフェアリーSは、開業2年目の中舘厩舎ビービーバーレルがうれしい勝利を飾った。

「同じ逃げ切りでも乗っているのと違い、後ろから来るような気がしていたよ」とは中舘師。パイロ産駒としても、JRA初重賞勝ちとなった。

 もっとも、このレースは⑤着コパノマリーンが直線で外に持ち出す際、4頭もの進路を妨害(鞍上の田中勝は1月31日まで騎乗停止)。差し、追い込み馬がこぞって不利を受けており、展開に助けられた面は否めない。

 また、メンバーも2勝馬はクードラパンだけ。暮れの阪神JFで⑬着と大敗していたのに、ここでは④着。一線級相手にそこそこ走った馬が使っていたら……。

 桜花賞を目指すには、まだまだ高い壁が立ちはだかっている。

 ビービーはもともと新馬戦にダートを予定していたが、抽選除外で翌週の芝でデビュー。そこで9番人気ながら②着したことで運命が変わった。これからどれだけ力をつけていけるか。次走に注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る