• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フェアリーS】レース後の談話

①着ビービーバーレル(石橋騎手) 先生とは「逃げてもいい」と話していました。リズム良く最初のコーナーを回れました。追い切り映像でも感じたように、フットワークが良くなってましたね。クラシックでも持ち味を生かせれば、いい競馬ができると思います。

②着ダイワドレッサー(三浦騎手) この馬にマイルは忙しいんですが、何とか位置を取ろうと思ってテンに出していきました。ラストはいい伸びを見せてくれましたね。まだまだこれから良くなってくる馬だし、距離が延びれば面白いですよ。

③着ダイワダッチェス(柴田善騎手) スッといい位置が取れたし、センスがいいね。ただ、ちょっと一生懸命すぎる感じ。もう少し力を抜いて走ってくれれば、切れる脚を使えると思う。柔らかい走りでいいモノを持っているよ。これから精神面で成長してくれば。

④着クードラパン(田辺騎手) スローペースの前、前で。いい位置が取れたし、うまく脚をためて直線に向けましたよ。ただ、そこからは力の差が出てしまいましたね。ま、センスはいい馬なんで、これから体力がついてくれば。

⑤着コパノマリーン(田中勝騎手) 気のいいタイプだけに少し気負って走ってたかな。その分、最後は甘くなってしまったよ。それに直線は外に逃げてしまった。そのあたりはキャリアが浅い分かな。レースを経験していけば大丈夫だと思う。

⑥着ラブリーアモン(武士沢騎手) ラストは大外からいい脚だったよ。先につながる競馬はできたんじゃないかな。自分としては、この馬はまだまだ成長途上だと思ってるんだ。これから良くなってくるよ。

⑦着リセエンヌ(蛯名騎手) 遅いペースの割に馬群が固まってたんで、前を射程圏に置いて運べたよ。直線は一瞬、届くかと思ったけど、最後は中山千六だけに内、外の差が出ちゃったかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る