【フェアリーS】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ビービーバーレル(石橋騎手) 先生とは「逃げてもいい」と話していました。リズム良く最初のコーナーを回れました。追い切り映像でも感じたように、フットワークが良くなってましたね。クラシックでも持ち味を生かせれば、いい競馬ができると思います。

②着ダイワドレッサー(三浦騎手) この馬にマイルは忙しいんですが、何とか位置を取ろうと思ってテンに出していきました。ラストはいい伸びを見せてくれましたね。まだまだこれから良くなってくる馬だし、距離が延びれば面白いですよ。

③着ダイワダッチェス(柴田善騎手) スッといい位置が取れたし、センスがいいね。ただ、ちょっと一生懸命すぎる感じ。もう少し力を抜いて走ってくれれば、切れる脚を使えると思う。柔らかい走りでいいモノを持っているよ。これから精神面で成長してくれば。

④着クードラパン(田辺騎手) スローペースの前、前で。いい位置が取れたし、うまく脚をためて直線に向けましたよ。ただ、そこからは力の差が出てしまいましたね。ま、センスはいい馬なんで、これから体力がついてくれば。

⑤着コパノマリーン(田中勝騎手) 気のいいタイプだけに少し気負って走ってたかな。その分、最後は甘くなってしまったよ。それに直線は外に逃げてしまった。そのあたりはキャリアが浅い分かな。レースを経験していけば大丈夫だと思う。

⑥着ラブリーアモン(武士沢騎手) ラストは大外からいい脚だったよ。先につながる競馬はできたんじゃないかな。自分としては、この馬はまだまだ成長途上だと思ってるんだ。これから良くなってくるよ。

⑦着リセエンヌ(蛯名騎手) 遅いペースの割に馬群が固まってたんで、前を射程圏に置いて運べたよ。直線は一瞬、届くかと思ったけど、最後は中山千六だけに内、外の差が出ちゃったかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る