日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京成杯】レース後の談話

①着プロフェット(フォーリー騎手) 池江先生がいい馬に乗せてくれて感謝しています。ペースが遅くなりそうだったので、いい位置を取りたかったんです。思い通りのポジションにつけられたのが大きかったですね。非常に乗りやすくて頭がいい。これから成長するだろうから、今後も期待できると思いますよ。

②着ケルフロイデ(石橋騎手) うまく立ち回れたね。好位のいい位置で流れに乗れたし、勝負どころもスムーズに動いていけた。きょうは勝った馬が強かったけど、この馬も体が増えていて、成長を感じましたよ。

③着メートルダール(戸崎騎手) ラストはいい脚を使ってくれました。馬もここにきて良くなってきていますよ。

④着アドマイヤモラール(田辺騎手) 切れ不足をカバーするために前、前で運びました。欲を言えば、勝負どころで突き放したかったんだけど、それができなかったですね。もう少し体つきがシャープになってくれば、と思います。

⑤着ウムブルフ(F・ベリー騎手) 精神的にピリピリしていてコントロールが難しかったです。何とかなだめて運んだけど、馬が勝
手に燃え上がってしまいました。そのあたりが解消してくれば、ポンポン勝ち上がれる馬ですよ。

⑥着ユウチェンジ(蛯名騎手) 勝ち馬を見る形で、いい感じだったけどね。初めて乗ったんでよく分からないけど、手応えの割に伸びなかった。まだ緩さも残っている馬だし、使い込んできた疲れもあったのかな。

⑩着マイネルラフレシア(柴田大騎手) スタートでぶつけられてバランスを崩して、位置取りが後ろになってしまいました。最後の反応も鈍かったですね。追ってからが“あれっ”って感じでしたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事