【日経新春杯】レーヴミストラル一族悲願の古馬タイトル

公開日:  更新日:

管理する松田博師は2月末で定年に

 念願の重賞タイトルとなったか。日経新春杯を勝ったレーヴミストラルである。

 明け4歳初戦のきのうは胸のすくような差し切り。道中は最後方から大外一気に追い込んで、2馬身差と突き抜けた。

 では、何が念願なのか。レーヴの母はレーヴドスカー。競馬ファンならご存じの通り、兄姉に活躍馬が多数の“走る血統”なのだが、その一方でアクシデントに泣かされてきたファミリーでもあった。

 7つ上の姉レーヴダムールは、2歳GⅠ阪神JFで②着。期待されたもののその後は不出走で、4歳暮れに急死。09年のGⅡ青葉賞を制した兄アプレザンレーヴも屈腱炎で早めの引退を余儀なくされ、その下のレーヴドリアンは菊花賞後に腸捻転で予後不良に。

 10年にデビュー3連勝でGⅠ阪神JFを勝ったレーヴディソールは桜花賞目前に骨折が判明。復帰後は2戦して⑪④着で引退した。そう、このファミリーで古馬となって重賞を制したのは、レーヴミストラルが初――。

 昨秋は成長をうながす意味で菊花賞をパス。これまでの経験を踏まえ、無理をしなかったことが実を結んだ勝利だったともいえる。

 ただし、今後のさらなる活躍には、クリアすべき課題も残る。

「もしかして、ボクが乗って(松田博厩舎で)重賞を勝つのは最後かも」

 レース後、川田もこう話したように、レーヴを管理する松田博師は1月29日で70歳を迎える。JRAの規定により、2月末で厩舎は定年解散。先日、活躍馬の一頭、ラストインパクトは角居厩舎への転厩が発表されたばかり。もちろん、このレーヴも転厩は必然。

果たしてマツパク師の秘蔵っ子を預かる厩舎はどこか、最大限に能力を引き出せるのか。これを乗り越えて初めて古馬GⅠタイトルが見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る