【アメリカJCC】初めてJRA賞に輝く松永幹師が伏兵で花を添える

公開日:  更新日:
開幕ダッシュに成功(C)日刊ゲンダイ

早くも6勝、リーディング首位

松永幹厩舎が今年も絶好調だ。

 ジョッキー時代は実に華があった。91年春にはイソノルーブルが桜花賞を裸足(レース前に落鉄)で走って⑤着の後、オークスで感動の逃げ切り勝ち。05年にはヘヴンリーロマンスが天覧競馬だった秋の盾を差し切りV。牝馬とのコンビに…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る