• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AJCCレース後の談話

①着ディサイファ(武豊騎手) スタートが決まって考えていたポジションで競馬ができたね。道中、4コーナーと手応えが良かったので早めに動いて先頭へ。抜け出してからも最後まで何とか我慢してくれた。久々に乗ったんだけど、随分と強くなった。まだまだやれそうだよ。

②着スーパームーン(ルメール騎手) 道中はいい感じで運べたね。直線での反応が良かったし、ゴールまで頑張って伸びてくれたよ。二千二百の距離もちょうどいいね。

③着ショウナンバッハ(戸崎騎手) デキが良かったですね。実績のない中山がどうかと思ってたけど、内、内をリズム良く運べたし、ラストはいい脚を使ってくれました。頑張ってますよ。

④着マイネルフロスト(松岡騎手) 前走はペースが遅かったんでハナに行ったけど、きょうはそれなりに流れたからあの位置で。勝負どころは抜群の手応えで豊さん(武豊騎手)の後ろを付いて行けたよ。うーん、捕まえられると思ったのに、もうひと押しがなかったなあ。ラストは頭が上がってしまったよ。

⑤着ヤマニンボワラクテ(藤懸騎手) 勝負どころで外に持ち出した分ですかね。勝ち馬はその内を突いていただけに、あそこの運びの差が結果に出たのかな。でも、初重賞で差のない競馬。力は見せてくれました。

⑩着サトノラーゼン(F・ベリー騎手) 手応えはあったんだけど、直線で勝ち馬に寄ってこられたときに嫌気を差してしまったよう。もしかしたら囲まれるのが良くないかも。結果が出てるのは広いコースだからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る