AJCCレース後の談話

公開日:  更新日:

①着ディサイファ(武豊騎手) スタートが決まって考えていたポジションで競馬ができたね。道中、4コーナーと手応えが良かったので早めに動いて先頭へ。抜け出してからも最後まで何とか我慢してくれた。久々に乗ったんだけど、随分と強くなった。まだまだやれそうだよ。

②着スーパームーン(ルメール騎手) 道中はいい感じで運べたね。直線での反応が良かったし、ゴールまで頑張って伸びてくれたよ。二千二百の距離もちょうどいいね。

③着ショウナンバッハ(戸崎騎手) デキが良かったですね。実績のない中山がどうかと思ってたけど、内、内をリズム良く運べたし、ラストはいい脚を使ってくれました。頑張ってますよ。

④着マイネルフロスト(松岡騎手) 前走はペースが遅かったんでハナに行ったけど、きょうはそれなりに流れたからあの位置で。勝負どころは抜群の手応えで豊さん(武豊騎手)の後ろを付いて行けたよ。うーん、捕まえられると思ったのに、もうひと押しがなかったなあ。ラストは頭が上がってしまったよ。

⑤着ヤマニンボワラクテ(藤懸騎手) 勝負どころで外に持ち出した分ですかね。勝ち馬はその内を突いていただけに、あそこの運びの差が結果に出たのかな。でも、初重賞で差のない競馬。力は見せてくれました。

⑩着サトノラーゼン(F・ベリー騎手) 手応えはあったんだけど、直線で勝ち馬に寄ってこられたときに嫌気を差してしまったよう。もしかしたら囲まれるのが良くないかも。結果が出てるのは広いコースだからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る