【東海S】人気馬2頭との大きな違いアスカノロマンを熟知していた太宰

公開日:  更新日:

 一方、中京で行われた東海Sはアスカノロマンが制して、②着はモンドクラッセ、③着はロワジャルダンだった。

 ②着モンドクラッセは田辺。③着ロワジャルダンは前2走で手綱を取っていた浜中が予定されていたが、1Rで落馬負傷し、急きょの乗り替わりで横山和がピンチヒッターに。くしくも1、2番人気はともに初騎乗ということになっていた。

 その結果、②③着だから及第点ともいえるが、モンドクラッセは大事に乗り過ぎた感も。ハナを切ったのはいいが、前半3~4Fが37秒8―50秒6の逃げ。1Rの3歳未勝利が37秒6―50秒0、7Rの五百万クラスが37秒8―51秒0だから、条件戦並みのペースだ。これでは最後に切れ負けしてしまう。

 また、ロワジャルダンは[4][5][5]の位置取り。ペース的には良くても、初騎乗の影響もあったか、道中で引っ掛かる場面があった。

 逆にアスカノロマンの太宰は3歳春から12戦連続でコンビを組み、長所も短所も手綱を通して熟知していた。2番手でリズム良く走らせ、使える脚が頭に入っていたからこそ、ラストもベストタイミングでの抜け出し。それが4番人気の評価ながら接戦にならず、横綱相撲での2馬身差完勝につながったといえる。

GⅠ取りにはさらにパワーアップを……

 では、GⅠに向けてはどうか。レース後には陣営からフェブラリーS参戦の話が聞かれたが、27日の交流GⅠ川崎記念に有力馬が集まることもあって、今年の東海Sは登録段階から小粒な印象。レースも前記のようにスローで流れてハイレベルとは言い難い。

 アスカ自身はきのうが526キロと自己最高馬体重。力をつけての重賞初制覇であることは確かだが、GⅠで勝ち負けするにはさらなるパワーアップが必要ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る