東海Sレース後の談話

公開日:  更新日:

①着アスカノロマン(太宰騎手) 直線を向いたところで後ろは離れていたんでいけるかなと。レースに行って分からないところがある馬ですが、調教の時から具合がいいのは感じていました。ええ、力をつけてる。これからも頑張っていきたい。

②着モンドクラッセ(田辺騎手) 風が強かったので、前半をのんびり走らせて後半にかけてペースを上げていくイメージで。うまく乗れたと思うんですけど、勝ち馬にぴったりとマークされてたし、振り切れなかった。

③着ロワジャルダン(横山和騎手) 前残りのペースになると思って、いつもよりいい位置を取りたいと。ま、勝った馬が強かった。初めて乗せてもらいましたが、乗りやすくていい馬です。

④着ダブルスター(吉田隼騎手) 2番手の競馬を考えてたんですが、行けなくてあの位置から。馬群に包まれる形でも辛抱してくれたんですが、ペースが遅く、切れ負けしてしまいましたね。

⑥着ローマンレジェンド(藤原英調教師) 年齢を感じたなあ。次に使う時には正攻法で粘り込むような競馬をさせたい。

⑪着インカンテーション(内田騎手) 直前でバタバタしちゃって、ゲートが悪かったからね。それに上がっていった時にちょっと外を回しすぎたかな。ま、これが最後じゃないし、使ったことで次に良くなってくるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る