• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東海Sレース後の談話

①着アスカノロマン(太宰騎手) 直線を向いたところで後ろは離れていたんでいけるかなと。レースに行って分からないところがある馬ですが、調教の時から具合がいいのは感じていました。ええ、力をつけてる。これからも頑張っていきたい。

②着モンドクラッセ(田辺騎手) 風が強かったので、前半をのんびり走らせて後半にかけてペースを上げていくイメージで。うまく乗れたと思うんですけど、勝ち馬にぴったりとマークされてたし、振り切れなかった。

③着ロワジャルダン(横山和騎手) 前残りのペースになると思って、いつもよりいい位置を取りたいと。ま、勝った馬が強かった。初めて乗せてもらいましたが、乗りやすくていい馬です。

④着ダブルスター(吉田隼騎手) 2番手の競馬を考えてたんですが、行けなくてあの位置から。馬群に包まれる形でも辛抱してくれたんですが、ペースが遅く、切れ負けしてしまいましたね。

⑥着ローマンレジェンド(藤原英調教師) 年齢を感じたなあ。次に使う時には正攻法で粘り込むような競馬をさせたい。

⑪着インカンテーション(内田騎手) 直前でバタバタしちゃって、ゲートが悪かったからね。それに上がっていった時にちょっと外を回しすぎたかな。ま、これが最後じゃないし、使ったことで次に良くなってくるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る