• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【根岸S】レース後の談話

①着モーニン(戸崎騎手) 人気だったので勝ててホッとしています。センスのある馬なのでスタートだけを気をつけてました。二の脚が速く、いい位置が取れましたね。終始、手応えが良くて、直線も余力のある走り。先につながる競馬ができましたし、ホント、楽しみですね。

②着タールタン(ルメール騎手) 道中はモーニンの後ろで隠れていたんだけどね。千四もちょうどよかったし、この馬自身、直線はすごく伸びてくれた。いいパフォーマンスだったと思うよ。ただ、きょうはモーニンが強かったんで。

③着グレープブランデー(ヴェロン騎手) 精神的に強いところを見せてくれましたね。直線は内めからいいファイトでした。この雰囲気ならGⅠでもいい勝負になると思います。

④着タガノトネール(田辺騎手) イメージ通りのレースはできましたよ。ただ、千四よりは千六の方がいいかなと思いましたね。切れる脚はないんで、もっと積極的に乗った方がよかったのかも。ま、今回は間隔があいていたんで次はもっと粘れると思います。

⑤着アンズチャン(大和田調教師) 自分の形の競馬はできました。展開の助けが必要なのは仕方ないところですが、このクラスでもやれる感じはしましたよ。現時点での彼女なりのベストのレースはできたと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る